早期退職すると元同僚とのホンモノの人間関係が築ける

退職後

早期退職をしてからだいぶ経つのに、同僚から連絡がくることがある。

噂話などで間接的に早期退職したことを知って連絡してきたのだろう。

早期退職することを伝えていないほどの間柄なのだから、仲が良いレベルではない。

なので、連絡が来てもシカトする。

こちらには、人間関係を選ぶことができる特権があるのです。

 

職場にいる時は、嫌な同僚でも毎日顔をあわさなければならないという理由だけでなく

上司、部下、先輩、後輩という関係

そして、後輩の知り合いが上司だったり、上司のさらに上司が上司になったりと

職場では、いろいろ関係が入り乱れているので

先々を考えて、性に合わない同僚でも冷たい態度はとれませんでした。

 

しかし、今は職場に渦巻くシガラミ、ヒエラルキー、噂話など関係ありません。

その個人の人間性、性に合うか、合わないかで人間関係を築くか築かないかを決めれます。

 

職場は、やはり人間の集まりなので、性に合う人間、性に合わない人間がでてきます。

性に合う度合いも人それぞれ違ってきます。

部署がたまたま一緒になっただけだなぁという、性に合うも合わないも無い人

部署の飲み会だけなら、一緒に飲んでも良いぐらいの人

部署の飲み会関係なく、仕事終わった後に一緒に飲みにいく人

転勤してしまっても関係が切れず、休日でも一緒に遊びにいく人

 

職場で築いた人間関係のうち、

ほとんどが、性に合うも合わないも無い人、部署の飲み会なら一緒に飲む人でした。

まったく自分の琴線に触れなかった人が80%でしたが、

「転勤しても関係が切れず、休日でも一緒に遊びにいく人」と何人かに出会うことができました。

 

仕事、職場での関係ではなくなっていたので、早期退職した今でも関係は続いています。

早期退職をしたからといって、良好な人間関係を築いてきた同僚とは縁を切る必要はありません。

もう会う必要も、会わなくても良いのに

早期退職をした今でも連絡をとる同僚は、既に同僚という間柄ではなくなっています。

職場にいる時から友情関係が築かれていて、同僚という関係ではなく既に友達になっているので

早期退職をしたからといって、友情関係は崩れません。

これこそが、ホンモノの人間関係、友情関係ではないかと思うのです。

 

「部署の飲み会関係なく、仕事終わった後に一緒に飲みにいく人」とは関係を断つこととしました。

ホンモノの人間関係、友情関係を濃く築いていくため、断捨離することも必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

投資でサラリーマンやめちゃいました。 不動産賃貸業を中心に、株式、ETF、仮想通貨などに投資をしてゆる〜い人生を送っています。 投資スタイルは、成長している国、成長している企業、成長している国の不動産への長期投資をメインに、年齢とともにETF、債権の割合を徐々に増やしていくスタイルをとっています。